POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銀座八丁神社めぐりとか 2008年10月28日(火)

_DSF4380b.jpg _DSF4384.jpg
ソニービルの壁面のアート。いまいちだな。
並木通りの空也もなかで予約のもなかを購入。もちろん本日も売り切れ。

_DSF4388.jpg _DSF4394.jpg
ついでに跡地めぐり。バブル華やかなりしころ、高級洋菓子店として有名だった
「エル・ドール」(銀座6-5-8エルドールビル)。いまは「すし好」か、あれ?知らずに
来たことあったみたいだな。
おつぎは「きよ田」(銀座6丁目3−15長谷ビル)の路地。

_DSF4399.jpg _DSF4400.jpg
居抜きで「新きよ田」だったのが「きよ田」になっている。
むかしは数寄屋通りの角が更地になっていて、長谷ビルの側面が
見えていたが、さすがにビル建っているな。

_DSF4407.jpg _DSF4415.jpg
資生堂本社の成功稲荷神社。資生堂のおねいちゃんに石鹸もらったので、
銀座八丁神社めぐり、やってみることにする。うわあ、幔幕に資生堂のマーク!

_DSF4416.jpg _DSF4423.jpg
交詢社の前を過ぎる。

_DSF4425.jpg _DSF4435.jpg
松坂屋屋上の護稲荷神社。

_DSF4444.jpg _DSF4445.jpg

_DSF4451.jpg


_DSF4454.jpg _DSF4456.jpg
三原小路のあづま稲荷神社。

_DSF4459.jpg _DSF4460.jpg


_DSF4471.jpg _DSF4473.jpg
宝童稲荷神社。

_DSF4479.jpg _DSF4482.jpg


_DSF4487.jpg _DSF4491.jpg
松屋銀座屋上の龍光不動尊。

_DSF4495.jpg _DSF4499.jpg


_DSF4504.jpg _DSF4507.jpg
銀座3丁目松屋通りの朝日稲荷神社。

_DSF4470.jpg _DSF4512.jpg
三越本館屋上の銀座出世地蔵尊。右端には三囲神社。

_DSF4515.jpg _DSF4519.jpg
出世地蔵尊は御開帳してますと言われたが、普段は閉まっているのかな。

_DSF4527.jpg _DSF4533.jpg

_DSF4536.jpg _DSF4539.jpg
銀座出世地蔵尊 縁起
 銀座三越屋上に安置まします銀座出世地蔵尊は、明治のはじめの頃、三十間掘より出世したと云われております。当時、地元の鳶職が銀座四丁目三番地辺(現在の七番地)の空地へ安置しましたところ、道行く人々や近隣の信心篤い人達が花やお団子を供え参詣するようになりましたが、やがてこの地蔵尊は開運・出世・延命・商売繁盛のあらたかな御利益があると云うので、お堂も小屋から木造になり毎月七日、十八日、二十九日がご縁日にきまりました。ご縁日には、いろいろな露店が出て非常な賑わいを呈して参りました。これが銀座八丁露店のはじまりと云われております。四月八日の釈迦降誕生日には甘茶の接待などがあり広く参詣者に親しまれましたが、その後震災・戦災などで火をくぐり、波乱曲折を経てこの度、銀座三越が新築するに際して元の「美松」跡より屋上に移し、築地本願寺により開眼法要を行い、新たな堂守に安置し銀座八丁目の守り本尊として銀座の街の人々を中心に広く一般のご参詣を受けることになったのであります。ご利益を祈願して成就せざることなしと伝えられる銀座出世地蔵尊の広大なる恩恵に浴するため一人でも多くのご参詣あらんことを願うものであります。
 昭和四十三年十月                   
 銀座出世地蔵尊奉賛会


_DSF4548.jpg _DSF4560.jpg

_DSF4561.jpg _DSF4572.jpg
銀座出世地蔵尊
所在地 中央区銀座4ー6 三越銀座店屋上

銀座出世地蔵尊の縁日といえば、その賑わいは大変なもので、明治・大正・昭和の初期にかけて夜店とともに銀座を代表する風俗であり、銀座について書かれた書物にもよく触れられ、その様子をうかがい知ることができます。
地蔵の由来について、明治九年七月二十二日の『郵便報知』には「銀座三丁目の横町に此程流行する地蔵ハ去る文久元年酉年七月十八日三十間堀壱丁目六番地先き古土蔵取繕の節同所鳶頭田中善太郎が地中より掘出し・・・・」とありますが、詳しくは不明な点が多く、また、「出世地蔵」という名称のいわれも諸説あって、その時期についても不詳です。
この銀座出世地蔵尊は、時代の変遷の中で煉瓦街や夜店が失われた現在の銀座において、明治からの面影を伝える貴重なもので、中央区民有形民俗文化財に登録されています。
平成七年三月
中央区教育委員会


_DSF4574.jpg
七社めぐり終えて集印帳をソニービルに持参すると、先着1000名に
来年の干支、牛の土鈴がもらえるのであった。

_DSF4576.jpg _DSF4578.jpg
地下鉄で浅草に移動して浅草文化観光センターに立ち寄り、
並木藪でざる一杯700円。浅草通りを上野駅に向かう。

_DSF4592.jpg _DSF4593.jpg
比留間歯科医院(台東区東上野4-1-5)。1929年(昭和4年)竣工。

_DSF4600.jpg _DSF4601.jpg
本日の戦利品。各神社でいただいたもの。自宅用の空也もなか。

スポンサーサイト
  1. 2008/10/28(火) 23:22:07|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本橋小舟町と神田界隈 2008年10月29日(水) | ホーム | 京都 時代祭 完全版 2008年10月22日(水)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/68-f606be6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。