POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒耀石を求めて和田峠ツアー 2008年10月17日(金)

浅間山ミュージアムから2日前に連絡があったので、急遽日帰り参加。
講師K先生および6名。

_DSF2514.jpg _DSF2521.jpg
嬬恋集合で、現地まで2時間ほどの行程になる。途中で見かけたパチンコ店遺跡。
長野県小県郡長和町大門の、「星くずの里たかやま黒耀石体験ミュージアム」に到着。
じつは露頭に行くものと思い込んで、鉱物ハンマー持参だった。

星糞峠なのに星くずの里というのはいかがなものか。

_DSF2522.jpg _DSF2537.jpg
アメリカ西海岸、けっこう産地なんですな。黒耀石のヤジリ作り体験、
北海道産と聞いてわたしはやめました。たのしそうなんだけどね。

_DSF2540.jpg _DSF2551.jpg
隣接して「明治大学黒耀石研究センター」という立派な箱モノがあり、
その横に鹿児島県大口市五女木産黒耀石の大きいのが三つ。

_DSF2552.jpg _DSF2565.jpg
解説板の足元の黒耀石。クローズアップは最大の黒耀石で、
表面の風化具合がよく侘びて好ましい。

_DSF2566.jpg _DSF2570.jpg
ミュージアムから連絡してもらい、研究センターも見学。
なんと人員一名、山科さん、ありがとうございました。

_DSF2604.jpg _DSF2611.jpg
黒耀石のごろた石。


_DSF2599.jpg _DSF2600.jpg
7月に第4回黒耀石のふるさと祭り というのがあって、そのときの企画展で
作られた旧石器時代の住居。鹿皮も熊皮も借り物らしいのでいつまであるか。
マンモスの骨で思わず “シベリアか!”という突っ込みはなしです。

_DSF2618.jpg _DSF2625.jpg
クマー

_DSF2635.jpg _DSF2641.jpg
帰りの車窓から、一本木諏訪神社(扁額は諏訪宮)。上田市腰越字一本木164。
K先生からご自宅にある黒耀石を頂けるということになりました。

_DSF2648.jpg _DSF2655.jpg
うまいことにほぼ均等に三分割されて分配。わたしがいただいた分は465gありました。
むかし和田峠近辺の縄文ゴミ捨て場で拾得されたものということらしいです。
K先生ありがとうございました。夢のような僥倖です。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/17(金) 21:06:24|
  2. 郊外散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ちよだ江戸祭2008 2008年10月20日(月) | ホーム | 浅草寺昭和本堂落慶50周年「記念大開帳」2008年10月16日(木)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/64-05d395ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。