POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中央区日本橋茅場町・兜町・堀留町  2008年10月10日(金)

_DSF1613.jpg _DSF1618.jpg
銅造地蔵菩薩立像
 関東大震災による日本橋魚河岸の犠牲者の供養のため、魚河岸の依頼により
戸張孤雁(1882~1927)が制作して、昭和2年に完成しました。
地蔵菩薩は2mを越えるブロンズの立像で、屋外に安置されています。
孤雁は日本橋魚河岸の魚茶屋に生まれ、日本近代彫刻史に重要な位置を占める
彫刻家です。生まれ育った日本橋に残る作品としても重要なものです。

http://www.city.chuo.lg.jp/info/bunkazai/bunka046.html

_DSF1616.jpg _DSF1615.jpg
 智泉院は、茅場町薬師と呼ばれ、江戸の著名な寺院として人々の信仰を集めていました。
 この鉄製天水鉢は、天保12年(1841)4月に、薬師如来が開帳されたのを記念して、地元
の坂本町より奉納されたもので、町に住んだ人々の名を残しています。
 鋳造した釜屋七右衛門も釜七と呼ばれる江戸で名の知れた鋳物師です。
 茅場町薬師の江戸名所としてのにぎわいを、今日に伝えています。

http://www.city.chuo.lg.jp/info/bunkazai/bunka028.html

_DSF1611.jpg
石柱に東京民友新聞と中央タイムスとあった。でも検索に全然出ないんだが。

_DSF1625.jpg _DSF1629.jpg
摂社山王日枝神社(お旅所)

_DSF1636.jpg _DSF1633.jpg
_DSF1623.jpg _DSF1640.jpg
寛永十二(一六三六)年に永田町日枝神社の御旅所
山王宮として勧進された。御旅所とは、神輿が八丁堀鎧
島まで船で移動して氏子各町を巡回した後、暫時留まっ
て神事を営む場所。当時境内は一三〇〇坪余、山王宮、
山王権現、天満宮、薬師堂があったが、明治初期の神仏
分離令によって薬師堂は敷地外に分離、明治十年、山王
宮改め日枝神社なった。関東大震災のあと昭和三年に造
営されたコンクリート造り社殿は戦災に会い、昭和四十
一年に屋根の葺替えなど大修理が施されている。境内に
ある明徳稲荷は、証券会館を建てる時にここへ移された
もので、囲いの石柱には往時を偲ぶ懐かしい証券会社の
名が残されている。稲荷神社遷座の経緯は鳥居脇の「大
部芳之助氏顕彰碑」に詳しく記されている。
日枝神社の裏に出ると、その薬師堂、天台宗鎧島山智
泉院がある。


http://www.jsec.or.jp/book/pdf/078kikanshi_zuisou06.pdf

_DSF1647.jpg _DSF1652.jpg
_DSF1649.jpg _DSF1644.jpg
明徳稲荷。東京証券取引所あれば山一證券あり。

_DSF1657.jpg _DSF1659.jpg
_DSF1660.jpg _DSF1669.jpg
鎧橋から上流を望む。このあたり、江戸湊の輪郭を残しているとか聞いた。
東京証券取引所の玄関は道路越しでも入りきらない。人がごみのようだ。

_DSF1673.jpg _DSF1689.jpg
_DSF1679.jpg _DSF1696.jpg
_DSF1697.jpg _DSF1700.jpg
兜神社。株屋が昼休みを過ごせるような広場だとばかり思い込んでいた。

_DSF1692.jpg _DSF1680.jpg
そうそう、これが兜岩。 
解説板がかすれてほとんど読めないが、写真判読で文字起こししておく。

兜神社の由来
一、御社号 兜神社
二、鎮座地 中央区日本橋兜町一番十二号
三、御創立 明治十一年五月(一八七八年)
四、御祭神 主なる祭神は商業の守護神をたた○○○
        倉稲魂命である
        合祀の神は右に大国主命左に事代主命である
五、御例祭 毎年四月一日
六、御由緒 明治十一年ここ兜町に東京株式取引所
       (東京証券取引所の前身)が設けられるに
       当たり同年正月取引所関係者一同○
       信仰の象徴および鎮守として
       兜神社を造営した
       御社殿に奉安してある、倉稲魂命
       の御神号は時の太政大臣三條實美○
       揮毫になるものである。
       当社は御鎮斎後一度換地が行われた
       昭和二年(一九二七年)に再度換地を
       行ない兜橋々畔の現在地約六十二坪
       (約二0五平方米)を卜して同年○○
       御遷座を行ない鉄筋コンクリート造りの
       社殿を造営した。
       昭和四十四年(一九六九年)五月高速
       道路の建設に伴い御影石造りの
       鳥居を残して旧社殿を解体し 同
       四十六年(一九七一年)三月○○○
       鉄筋コンクリート。一間社流造○○○
       付きの社殿を造営した。
       屋根は銅板葺とし、玉垣・参道・○○
       などは御影石をもちいた。

七、兜岩の由来 境内に安置してある兜岩については
           その昔前九年の役(一0五0年)○○
           源義家が東征のみぎり、この岩に○○
           懸けて戦勝を祈願したことに由来
           すると伝えられ、兜町という町名は
           この「兜岩」に因んで付けられたといわれている。
           昭和六十年六月 
           兜神社世話人一同

_DSF1701.jpg

_DSF1713.jpg _DSF1714.jpg
「さるや」の前を通り、「清寿軒」は3時15分でどら焼き売り切れ閉店。

_DSF1716.jpg _DSF1718.jpg
_DSF1720.jpg _DSF1723.jpg
日本橋堀留町1丁目のマンションの奥に出世稲荷大明神。
岩代稲荷神社と合祀されていた。入っていくとランプがつきます。

_DSF1726.jpg
手水鉢とともに「は組」の木遣り塚。

_DSF1732.jpg _DSF1734.jpg
椙森神社(日本橋堀留町1-10-2)。べったら市の準備中で雑然としていた。

_DSF1735.jpg _DSF1741.jpg
_DSF1743.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/10/11(土) 14:46:35|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<千代田区岩本町お玉が池・種痘所跡 2008年10月10日(金) | ホーム | 中央区新川(霊岸島・新川・越前堀) 2008年10月10日(金)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/61-e98c4d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。