POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

早川石丁場群 2008年9月27日(土)

_DSF0109b_20080928215249.jpg
ジョロウグモの網だと思うが、木漏れ日をうけてゴールドディスクになった。トリミングだけどね。

_DSF0002.jpg _DSF0005.jpg
箱根登山鉄道入生田駅下車。生命の星・地球博物館の横を過ぎ、
この太閤橋を渡ると一夜城までのハイキングコース。
目的はこれ。http://www.kaf.or.jp/downroad/zurokulight.pdf

_DSF0023.jpg _DSF0035.jpg
みかんの段々畑の石垣の積み方があまりにもみごとなのは本場?ゆえか、
調達元の板状節理の大岩が石垣に組み込まれているのが面白い。

_DSF0051_20080928213854.jpg _DSF0052.jpg
背後にある関白沢から掘り出された石垣石が展示されていた。
なお、道の方は関白農道という。

_DSF0057.jpg _DSF0058.jpg
”じつは10万年以上も前のこと、なんらかの作用によって上から転がり落ちて
きた岩が、火山灰や土で長い年月をかけて埋まっていったと考えられます。”


_DSF0065.jpg _DSF0073.jpg
下部にいかなる補強構造も持たない坂を振り返り見る。数箇所にひび割れがある。
やがて工事区間にさしかかり、歩行者用通路を通っていくことに。

_DSF0122.jpg
階段を上って工事区間のかなり上の道に出る。山側の斜面にそれとわかる石材が見えてきた。

_DSF0128.jpg _DSF0129_20080928214025.jpg
矢穴もしっかりと、だがこの文字は何かな。

_DSF0141.jpg _DSF0149.jpg
けっこう急斜面なので登ってみた。

_DSF0159.jpg _DSF0162_20080928214523.jpg
_DSF0163.jpg _DSF0190.jpg
はっきりとした刻印を確認。

_DSF0194_20080928214546.jpg _DSF0206.jpg
_DSF0209.jpg _DSF0222.jpg
工事区間の道路が途切れている部分があって、そこまで下りていくスロープが作られている。
ここが道路を高架にして現状を保存する10区だろう。最も見たかった場所であるが、ブルーシ
ートで養生されており、どうにもならない。

_DSF0237.jpg _DSF0245.jpg
姫の水橋にさしかかると景色が開けてくる。

_DSF0274.jpg _DSF0275.jpg
一夜城公園の入り口にも石垣石の展示がある。

_DSF0282.jpg _DSF0293.jpg
どこもかしこも石垣の瓦礫だらけだ。

_DSF0309.jpg _DSF0318.jpg
本丸跡の物見台から小田原市街を見る。小田原城包囲戦の総指揮は
まさにここでなくてはならない。九鬼水軍などの船団が目に見えるようだ。
ところでこのお社はなんだろう。扁額のひとつもない。

_DSF0326.jpg
道標にはひょうたんのC.I がほどこされている。

スポンサーサイト
  1. 2008/09/28(日) 21:24:17|
  2. 郊外散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<待乳山聖天 今戸神社 黒船神社 宗吾殿  2008年10月3日(金) | ホーム | 将門塚例祭~神田明神 2008年9月26日(金)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/50-8dc2b007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。