POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年3月13日(火)震災の旅 3日目

一皇子宮(石巻市湊)
032012 1149
牧山のふもとにあり、11日に倒壊した社殿らしきものを見ていたので
訪れました。

032012 1175
倒れかかっていたのは神楽殿でした。それにしても1年過ぎている。

032012 1186
拝殿はこちら、左の狛犬が台座からずれている。

032012 1277
拝殿の脇から牧山を登って行ったら通行禁止の階段だったようだ。
遊歩道に出て日和大橋を望む。

032012 1295
あの有名な缶詰が転がってる。

032012 1337
遊歩道を降りると一皇子宮に隣接する零羊崎神社の大鳥居に出る。
参道らしき雰囲気がなかったので気づかなかったが、山頂に社殿が
あり、車で行くことができるらしい。

女川港転倒建築群
032012 1350
鉄骨造建築。こんなに長い杭が引き抜かれてぶらさがってる。

032012 1383
これはただ置いてあっただけやね。

仮設トイレと観光案内
032012 1407
女川港は、駐車場というか、車が停めやすい整地をしてある。

立神あたり
032012 1443
新北上大橋を渡り、十三浜を北上してとある磯に出た。
けっこう波が高いね。

長塩谷
032012 1490
廃車置場があった。

032012 1508
長塩谷橋のところに神社があった。

春日神社(長塩谷)
032012 1516
地図では稲荷神社とあったが、春日神社と立て札がある。
すべて流されただろうに、人は神域を整えずにはいられない。

津の宮で仮設住宅にお呼ばれした
P1190796.jpg
車がいっぱい停まっているにぎやかなところがあった。
遊戯組合の屋台ブースでした。
カミさんがたこ焼き屋台に並んだ奥さんと親しくなり、
津波の写真を見においでよと、仮設住宅にお呼ばれしました。

P1190808.jpg
波伝谷で釣り船を経営していらしたご主人に大伸ばしの写真を
見せていただき(ニッカンスポーツの一面に載ったそうな)、
身内が2人それぞれ家ごと流されたが無事だったこと、4月には
営業を再開するため新造の船が届くとか前向きなお話ばかり、
恐縮しつつ楽しい時を過ごさせていただきました。
暖かくなったらまたいらっしゃいと見送られ、ぜひ見ていらっ
しゃいと津波を被ってただ一軒残った新築の自宅へと向かいます。


032012 1662
国道から30メートルほど沈下した水たまりを抜けると
言われていました(抜けたところで撮影)。

波伝谷
032012 1645
これが積水ハウスの家。周囲の家屋は総ざらえで流されてしまったが、
塀で区画された敷地内には液状化の跡もなく堅固に見える。一階の開口部
が大きくなったことも幸いした。とはいえ全損だが、夏場の作業小屋とし
て役立っていたのでまだ取り壊ししていない。

032012 1584
引き波で破堤した場所と残った家の位置関係を見るに、いささかのよどみ
に助けられたかも知れないが、やはりまあ、よく残ったものだと思う。

032012 1609
地図で見ると椿島なんだが、あおしまと呼んでいた。
津波はこの島を越えて来た。

032012 1653
津波の来た方角。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/21(土) 02:48:49|
  2. 災害
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012年3月14日(水)震災の旅 最終日 | ホーム | 2012年3月12日(月)震災の旅 2日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/361-95b490f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。