POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

有島生馬の震災寓意画 2008年7月10日(木)

*エントリー日時 2008/08/15(金) 18:20:04

DSCF4263.jpg

7月10日(木) 両国横網公園の震災復興記念館でこの絵と遭遇し、12日(土)再度訪れて撮影した。
カンバスはだいたい3,500×2,000くらいの大作である。有島生馬、有島武郎の弟にして里見の兄。
白樺派ながらこの絵はまるで寓意画ではないか。画題はなく、プレートには

「大震災記念 安田善次郎氏寄贈/大震災の印象を部分的に描写せるものなり」

とあるが、安田は1921年(大正10年)9月28日に没しており、寄贈できるはずもないのだが。


DSCF4251.jpg

なぜ裸婦が。震災絵はがきに同じモチーフがあったと記憶しているが、禿の親爺は狼藉者なのか、
介抱しているのか。後ろの男は出歯亀か。それにしてもなぜ猿がいるのだ。

DSCF4252.jpg

長紐で風呂敷包みを引きずるこのあねさんは、衣装で身分がわかったんだろうな。
地面に散らばるスイカ、トマト?、トウモロコシなども思わせぶりです。

DSCF4253.jpg

製作は1931年(昭和6年)とわかる。車のナンバーが1923というところに注目。
なお、有島が震災に遭遇したのは上野二科展の会場であったらしい。

DSCF4281.jpg

皇居の巽櫓から背後、緑の台地と焦土と化した低地が対比されている。


DSCF4290.jpg

白の海軍服は山本権兵衛首相。左の外人が駐日ベルギー大使館のバッソン・ピエール男爵。
赤い服の女の子は有島の姪の皎子(きょうこ)。参照
ほかにも外交官や政府要人と思われる人物がいるが、今後の課題だ。
ボーイスカウト帽の人物はまさか後藤 新平か。
手旗信号はなんだろう。巽櫓の前なら車のある場所は内堀通りのはずだが。

DSCF4297.jpg

この死者の小群は?線路上にも一人倒れている。
歩哨の兵隊がいて、座り込む男がいる。
背後に見える馬上の人物は有島本人なのだそうだ。



スポンサーサイト
  1. 2008/07/10(木) 00:00:01|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<江戸時代の木樋 2008年7月14日(月) | ホーム | 両国回向院から横網町公園 2008年7月10日(木)>>

コメント

コメント機能復活しました。
  1. 2008/08/16(土) 18:26:59 |
  2. URL |
  3. Pochi #z8Ev11P6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/35-8d48fa1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。