POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木下川薬師浄光寺・秘仏本尊御開扉 2010年10月13日(水)

木下川薬師浄光寺(葛飾区東四つ木1-5-9)

101310 173
蛇ねじりの見学がなくなったので、御開帳の始まる10時までに
境内に到着していました。入館に500円、人が揃ったころ二階に
あがり、読経とお話を聞いてからご本尊との対面です。
二尺八寸くらいでしょうか、光背なし蓮華座なし。茶褐色で衲衣の
襞が杉の木目のように見えましたがひのきなんですね。お顔はおだ
やかに瞑想の相ですが鼻筋がよくわかりません。耳朶も見えなかっ
たように思います。欠けているのでしょうか。左手は与願印に薬壷
を持っています。右手は施無畏印を結び、五色の糸をつまんでいます。
首のところ、三道はすらりと長く見える。腰から下、結跏趺坐の部分が
ただ前に丸太を置いて縦に線を二本いれただけとしか見えない。襞など
が全く見られません。いままで将軍様でも上身の御開帳だけだったのは
そのためかも知れないと思いました。

kinegawa.jpg img004.jpg
急いでスケッチしました、絵心がなくてごめん。
10月15日追記:CEOのスケッチを載せました(右)。
観察のため14日、15日と続けてうかがいました。


101310 127 101310 162
この写真はご本尊ではなく、寺宝展の金剛界大日如来像です。冠がよく残って
いたものです。ここではストロボさえ焚かなければ撮影が可能でした。
回向柱からご本尊の右手につながる五色の糸。

蛇ねじり・氷川神社(草加市金明町)
101310 007 101310 030
本日の第一の目的は蛇ねじりの製作を見ることだったのですが、
すでに連休の日曜日か月曜日に境内で行われたあとでした。
近くで稲刈りの作業をしていたおじさんに聞いて判明しました。
蛇の目は井門という渋柿を使うそうです。甘柿はすぐ腐る。
今年はおじさんのところの上組が担当で、来年は下組の担当に
なって蛇の頭の向きが逆になります。

101310 092
頭の造形が特殊です。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/13(水) 17:34:11|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山王廃寺跡・現地説明会 2010年10月23日(土) | ホーム | 上野公園を俯瞰で撮る 2010年10月8日(金)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/308-6410078c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。