POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大瀬まつり 2010年4月4日(日)

教訓:海の写真は水平線だけを見ろ。

040410 793
西伊豆大瀬崎の大瀬神社祭礼、大瀬まつり。満艦飾の漁船が湾内に集合します。
ここはわたしのダイビングポイント、前にまつりを撮影したのは銀塩のころでした。

040410 298
とりあえず2枚アップして明日を期す。
女装した漁師がちゃんちゃらおかしと勇み踊りを披露する。

040410 045 040410 069
正しくは延喜式内引手力命神社。マンボウ前の桟橋には前日から
台船が接岸されていて、参拝船団が集結する1時間ほど前に接岸
した船からは、宮司一行が下船します。兼務社がどこか、聞きそび
れてしまいました。

040410 083 040410 110
女装の一行も神社に向かい、女装参拝です。どううやら明治時代
起源らしいのですが、山梨のおみゆきさんもそうですね。東京では
雷の大般若とか、詳しく知るための手がかりがまだ見当たりません。


040410 283 040410 341
船団続々集結中。

040410 403 040410 500
停泊した船上から二人海に飛び込みます。偶然画面の隅に写っていました。
海上に俵を落とし、それを担いで神社へ奉納するわけですが、台船上だった
ので確認できませんでした。それにしても水温は12℃くらいだぞ、いま時期。

040410 566 040410 602
記憶がうそをついているのか、昔は湾内に船団が充満してパフォーマンスを
競い、それから帰港の途についたように思っていました。昔の写真を探さなきゃ。
船団はこれから西浦漁港祭に移動するわけです。昔もやっていたのか記憶ありま
せんが、帰り道、大変な盛況でした。むしろこちらが本祭のような気がするほど。

040410 692 040410 694
これが拝殿前に置かれた俵です。立派な鯛が捧げられておりました。

040410 649 040410 731
絵馬殿の奉納板額(絵馬)で注意を引かれたのがこれ。
一運斎國秀とは土肥の清雲寺にある日蓮上人一代記板画額を描いた人。
豊橋*舩 静岡縣駿河國駿東郡○○
明治廿六歳癸巳一月廿五日  拾六人組
(*橋は呑の下が田の字)十六人の氏名。

この神社は新造船の模型を奉納する慣わしがあったそうですが、これはいったい。
どう見ても当時最新の蒸気船ですし、雲の上の天狗の嵐のために甲板で右往左往し
ているのは一般船客のようです。沼津-豊橋間の汽船があったんでしょうか。
船名は赤校丸。遭難から無事帰港したときにこうした絵柄はよく使われるそうです。
拾六人組というのはいわゆる振分散(共同海損)の組合かなとも考えますが、未確認
です。
(追記) 「船絵馬入門」では、難船絵馬という分類で、
船絵馬全体では1~2%ほどしかないそうです。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/04(日) 21:18:34|
  2. 郊外散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<下社御柱祭 山出し 2010年4月9日(金) | ホーム | 渡良瀬遊水地ヨシ焼き 2010年3月27日(土)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/267-3251823b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。