POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銚子市小浜町の御締め 2010年1月20日(水)


012010 269


012010 401


012010 480
銚子市の辻切りは〝お締め〟と呼ぶらしい。1月20日(日付固定)と
いうことしかわからず、小浜は屏風ヶ浦あたりかなと、なんとも心細い。
山勘で国道126号から折れた道が正解でした。
小浜北出荷組合の先が北の辻で、西安寺の先、ストアーおうご前の坂が中の辻。
さらに先へ下って屋敷林の終わるところが南の辻になる。
上の写真はすべて境界内から外部を望む方向です。

012010 088 012010 082
見学者は月刊「銚子よみうり」の人とわたし、二人だけ。
北の辻が一番立派なんだとか。藁の作り手は11人いて、ほぼ三十代前後。
作成の現場に長老格が姿を現すことはありませんでした。
これはとっくりと呼ばれていましたが、角樽の形です

012010 060 012010 069
刀剣とタコ。

012010 128 012010 133
他はどうなっているのか皆目不明だったので、回ってみることにしました。
中の辻には何の動きも見られず、南の辻の民家で製作中の現場にお邪魔しました。
こちらは集落20軒から6人が参加しており、やはりみんな若いです。
ほんの数年前までは葬式の手配やら料理作りやら、若者組が行うものだったとか。
木札(裏は五芒星)は西安寺から貰い受けるそうです。
梵字はカーン不動明王、急の字が異体字(ロ急)ですが急急如律令とあります。

012010 143 012010 191
北の辻に戻っていくと、すでに辻渡しの作業が始まっていました。
10時9分ごろに完成。

012010 244 012010 243 012010 248 012010 246

012010 301 012010 390
西安寺と小浜八幡神社の間で中の辻のお締めの製作が始まっていました。
北の辻の人がこちらに合流しても四人しか見あたりませんでした。
小浜八幡神社で遊んでいるうちに、11時まえ中の辻の据え付けが始まって
いました。タコや角樽などは他で作っていたのかしらん。


012010 455 012010 475
11時18分、南の辻に行ったらすでに架かっていました。
こちらのタコの頭は小さく、脚が長いんですね。
三ヶ所の辻で吊り下げられているものの順番はまちまちです。

西安寺 / 小浜八幡神社
012010 303 012010 319
西安寺の地蔵尊には故人の背広がかけられています。
小浜八幡神社の横にある社殿(たぶん山岳系?)を取巻く
ように月山湯殿山羽黒山参拝記念碑が建っていました。
昭和13年、33年、40年,46年,47年、平成9年、11年、18年 。
おおお、連綿と続いているのですか。

東峰神社(成田市東峰)
012010 496 012010 501
ふと思いついて成田空港B滑走路のわけありの神社へ立ち寄る。
ここの立木が空港公団に無断で伐採されたとか訴訟になったと
ころです。

012010 515 012010 527
聞いてはいましたが、千葉県警察警備部成田国際空港警備隊が到着して、
車両は車三台にブロックされ、職質を受けましたが4分で済みました。
でもこちらが帰るまでは退去できないんだね。
社号標は遷座前の航空神社の再利用でした。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/20(水) 18:33:55|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐倉市・井野の辻切り 2010年1月25日(月) | ホーム | 国府台天満宮辻切り 2010年1月17日(日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/251-038bc511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。