POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

稲城市妙見寺から穴澤天神社 2009年12月19日(土)

神王山妙見寺(稲城市百村1588)
121909 232 121909 225
蛇より行事は毎年8月7日に行われるという。妙見寺境内社妙見宮の参道山下の
二十三夜塔前に蛇の頭があり、胴体は延々と石段に沿い、妙見宮の境内を回り
込むのだとか。

121909 085 121909 144
藁ではなく、萱だということだが四ヶ月ほどでここまで枯れるものなのか。

121909 153 121909 195
妙見宮の境内の外周を回り始めたところで途切れていた。
今年は金曜日だったが来年の8月7日は土曜日だ。
境内を一周する姿をなんとか実現してほしい。

帰るころ、見学者がぞろぞろやってきた。

威光寺(稲城市矢野口2411)
121909 254 121909 260
弁天洞窟と入洞料金を払う社務所が離れているのは、いずれ
明かりがないととても入っては行けないとわかったので納得。
しかし貸してくれる手燭では、暗視野の老化したわたしには
何も見えなかった。小型ライトは常備しているのですが、ファ
インダー越しの撮影には役不足のようです。

121909 304 121909 330
大蛇が二匹? 二頭?

穴澤天神社(矢野口3292)
121909 404 121909 435
境内は武蔵丘陵の崖面を開析したもののように見えます。
土俵があったのですが、これは獅子舞いの舞台らしい。
拝殿わきに稲荷神社があり、参道口の神明宮、山王宮の横に
辨天坂があって、三沢川に下っていくと御神水と辨天社があり
ました。御神水を求める人は切れ目なく続いていましたが、飲
んでみても印象には残りませんでした。

121909 453 121909 461
辨天社の洞窟はさほどの奥行きはなくライトも不要ですが、
水滴の落下が多くてけっこう濡れてしまいます。
からっぽの壁龕には昔は仏像が安置されていたらしいのですが、
威光寺の弁天洞窟に遷されたということです。
愛宕神社(多摩市愛宕1-64)
121909 007 121909 021
スポンサーサイト
  1. 2009/12/19(土) 19:09:23|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「冷泉家 王朝の和歌守展」 東京都美術館 2009年12月20日(日) | ホーム | 御嶽神社の注連縄綯いは終わっていた 2009年12月15日(火)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/238-48f002a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。