POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

江島神社・江ノ島 2009年12月10日(木)

とりあえず写真だけ先に。12月15日以下追記。

121009 017 121009 037
江の島は江戸の信仰圏ということで、東京散歩のカテゴリーに入れました。
最後に江の島へ入ったのはいつだったか、まったく思い出せませんが、
こんなに楽しいところだとは知りませんでした。

参道入り口の青銅の鳥居は延享4年(1747)創建、文政4年(1821)再建。
吉原の扇屋、大黒屋、松葉屋の発願によるもので、左柱に天下太平、右柱に
國土安全とかすかに読める。文字溶接ではなかったのだろう。
鋳物師 粉川市正藤原國信作。國正とどちらが先代だったのかな。

江島神社・辺津宮
121009 069 121009 194
茅の輪がしつらえてあったのですが、驚いたことにフルコンでした。
ところでフルコンとは一般に通用する言葉ではないと気づきましたの
で説明しておきます。伊勢丹用語でビニール紐を商品名からこう呼ん
でいるのです。ふだん耳にする機会が多いので、つい普通名詞として
使ってしまいました。で、今後も普通に使います。どうやら使う機会が
大幅に増えてきそうなので。
末社は八坂神社と稲荷社/秋葉社。

江島神社
当神社は三宮から成り奥津宮に多紀理毘売命中津宮に
市寸島比売命邊津宮に田寸津比売命をお祀りする
社伝の「江島縁起」等は欽明天皇十三年(552年)の創建と
伝える「吾妻鏡」には寿永元年(1,182年)源頼朝は祈願のため
文覚上人をしてお岩屋に弁財天を勧請
江島明神と称えて参詣し幕府の祈願所とした
以降朝武の信仰を集めたが江戸時代に至り庶民の間
に信仰が広がり江島詣が盛んとなり江島寺、金亀山
与願寺とも称し岩本院上之坊下之坊があった
徳川家康はお岩屋に詣で社領を寄進している
明治初年の神仏分離により江島神社と号した
 当社は江島弁財天として天下に名高く日本三大
弁財天の一つであり財宝招福学芸上達
夫婦和合 交通安全等の神として広く信仰され
ている 弁財天御尊像は邊津宮境内奉安殿に
お祀りしてある
 例祭日 四月初巳の日
     十月初亥の日

江島神社・中津宮
121009 244 121009 261
中津宮の注連縄もフルコンでした。中村座と市村座の燈篭などの見所も
ありますが、漱水盥の元禄三庚午天十一月六日(1690年)には驚きまし
た。元禄紀年は庚申塔でこそ珍しくないものの、ほかの石造物で見た記
憶はありません。小細工のない造形といい、江嶋上之宮の傾(かぶ)い
た書体といい、みごとなものです。

群猿奉賽像庚申塔
121009 343 121009 349
三十六体の神猿が四面を埋め尽くす。紀年はない。
むかし、下之宮(邊津宮)に山王社があったらしいので、
その奉納物と思われる。


江島神社・奥津宮
121009 393 121009 387

拝殿の注連縄は本物です。亀甲石は文化三年、弁秀堂何某により奉納
されたものらしい(『武江年表』)。亀甲紋は柱状節理の断面ですが、
この石は島内では産しないと思われます。
百味講の燈篭をいくつか見ましたが、

以前をいやあ江之島で年季勤めの児ケ淵江戸の百味講の蒔銭を、
当に小皿の一文子、百が二百と賽銭の、くすね銭せえだんだんに

弁天小僧菊之助の台詞そのままだァ!


魚見亭前の鳥居
121009 504 121009 506
一瞬、鱗紋かとも思った鳥居ですが、根巻に「も組」とあります。
嘉永四年四月大安日の創建で、大正十四年二月修理ということは、
関東地震の修復だったのでしょう。
「も組」は第一區五番組で、山王日枝神社を氏神とします。
(12月18日追記)柱の模様は現在の第八區一番組の纏紋と同じですが、
過去はいずこに所属していたか、履歴を探るのは難しいでしょうね。


富士見亭前の玉石垣
121009 524 121009 537
明治座とか、濱町市場、神田市場の屋号が見えます。
第一區一番組から七番組まで。1,2,7が神田明神、3,4,5が山王日枝神社。
六番組は築地地区だが、玉垣の紀年が未確認なので、築地市場成立との
関わりは不明。

江の島岩屋
121009 562 121009 592
稚児が淵に下りて、500円払って第一の岩屋で富士の人穴からの風を感じるのは
いいとして、第二の岩屋でこれはないだろうと思うのは心が狭いのかなあ、う~ん。

兒玉神社(江ノ島1-4-3)
121009 788 121009 795
兒玉源太郎閣下を祀る軍神神社。残念ですが大鳥居の注連縄はフルコン。
拝殿の扁額の題字は李登輝元総統によります。
爾霊山高地とは203高地を乃木希典が表記したもので、
現地の石材をもって石碑にしたといい、戦後ここに遷された。

121009 728 121009 762
狛犬、ではなく獅子、台湾の石工による優品。
背後の写真は載せることができません。

スポンサーサイト
  1. 2009/12/10(木) 21:04:02|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<築地市場 2009年12月11日(金) | ホーム | 世田谷区瀬田・岡本 2009年12月8日(火)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/234-b96549bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。