POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世田谷区瀬田・岡本 2009年12月8日(火)

玉川大師 玉眞院(世田谷区瀬田4-13-3)
120809 005 120809 177
暗黒の地下霊場に惹かれてやってまいりました。撮影禁止とあるので
写真を載せることはできませんが、総延長100メートルという胎内めぐり、
信心のかけらもないわたくしでさえ、その構成力には圧倒されましたよ。
暗黒の壁にはめ込まれた金剛杵に触れるというイベントもなかなか。
圓満地蔵は壁龕の中だとばかり思い込んでいたんだがなあ。

今度は胎内地図を作らなくちゃ。しかし誘導灯なくていいのか。
地下の写真の代わりに大寺標の奉納者、サンリオ社長辻信太郎。

地下遍照金剛殿 玉川大師略縁起
玉川大師は高野山奥之院の清流「玉川」に縁み
此の地に開山龍海大和尚大正十四年大師堂建立
昭和三年より六年の歳月をかけ地下佛殿完成.
地下佛殿は御本尊弘法大師の大慈悲を具現する.
遍照金剛殿にして本堂より境内一円に及ぶ地下の
参道は巨大な大日如来の胎内、胎蔵界マンダラを
かたどっている.
特に奥之院には四國八十八ヶ所霊場及び西國三十
三ヶ所霊場を悉く請来され四國遍路と西國巡礼さ
ながらに順拝修行の結縁が授かる道場である.

石佛、大理石、御影石像
三百数尊体安置
内拝は九時より五時迄
 當山

瘡守稲荷神社(瀬田4-32)
120809 224 120809 223
瀬田玉川神社の境外社だという。案内板などはなし。

下山稲荷神社(瀬田4-21)
120809 247 120809 299
瀬田四丁目広場の東南角にある。横の階段を下りきった公園内に
庚申塔ニ基が見えるが、坂上の正門から入って行かなくてはなり
ません。ここには旧小阪家住宅があるのですが、耐震性の問題で
公開を中止しているそうです。お目当ては元禄2年の一猿庚申塔で、
かなり修復されていますがいい姿です。

岡本八幡神社(岡本2-21-2)
120809 314 120809 383 120809 384
国分寺崖線上に位置することが分かりやすい神社。参道階段を降ると
岡本民家園と丸子川。鳥居の後ろの御神燈はユーミン夫妻の奉納でした。
境内社は天満宮とあとは石祠で大神宮、稲荷社、浅間大社、不明の4基。

瀬田玉川神社(瀬田4-11-31)
120809 443 120809 515
坂の途中の参道階段を登ったらもうひとつ階段があり、境内の拝殿は
さらに高い位置。一の鳥居の注連縄はフルコンであった。
境内社は渡り廊下の下をくぐった先にあり、稲荷があるので稲荷神社
だとは思うが、社額には人一君(一字)御魂社とあり。

120809 555 
瀬田4-21の駐車場の塀の土台に埋め込まれた如意輪観音像など。
中途半端に整備されているところがなんともシュール。

代田八幡神社(代田3-57-1)
120809 566 120809 621
環七ぞいでいつも通り過ぎるだけだったのですが、思いのほか広い
境内に、ささやかな神明造りの本殿がなんともゆかしく見えました。
境内の造営物一切は戦災で焼失し、本殿は昭和23年に建設されたものです。
境内社は御嶽社のみ、大樹に渡した注連縄がフルコンだったのは残念。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/08(火) 20:57:22|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<江島神社・江ノ島 2009年12月10日(木) | ホーム | 三宝寺池 練馬区石神井台 2009年12月6日(日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/233-5fdb18a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。