POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

御嶽神社(板橋区桜川)界隈 2009年11月18日(水)

御嶽神社(板橋区桜川1-4-6)
111809 256 111809 028
大門の諏訪神社へ行くつもりでしたが、御嶽神社というナビの表示で立ち寄ったところ、こちらが本筋となってしまいました。城北中央公園は練馬区と板橋区との境にあるかなり大きな公園ですが、神社は公園の一部ではなく、独立した区画になっています。社務所は無人で、落ち葉を掃く人もなく。


御嶽神社
創建年代は不詳。旧上板橋村栗原(現・桜川の一部)・七軒屋(現上板橋)の氏神として、倭建命(やまとたけるのみこと)・金山昆古命(かなやまひこのみこと)・金山昆賣命(かなやまひめのみこと)を祭神とする。栗原の地は、康生二(1456)年、太田道灌が千代田村(現・皇居)に江戸城を築く際、同村宝田村の住民を移動させたところとされ、この時村内に祀ってあった稲荷(現・宝田稲荷)もこの地に遷座させたという伝承もあって、往古より開けた土地柄であった。当神社もその頃、信州の御嶽山(一説には甲州)を勧請したと伝えられる。境内にある嘉永七(1854)年銘の狼型狛犬は、山岳信仰を伝えるもので、同型のものとしては都内でも有数の古さを誇っている。毎年三月八日に行われる昆謝祭には、強飯式の面影を残す大盛飯の膳、大根で作った鶴亀(逢来山)を神前に供える風習が残されている。
平成四年三月 板橋区教育委員会 (*毘を昆で表記したのは原文ママ)

111809 107 111809 182
本殿より高台にあるのは天祖神社。

111809 128 111809 213
稲荷神社。本殿の背後には榛名山の石碑。

111809 158 111809 156
神輿庫は立派な鯱を戴いていますが、壁に埋め込まれているのは、
獅子頭でした。木鼻に見立てているのかも知れません。

狼型狛犬
111809 226 111809 162 111809 230

当地の人々が、武州(一説には甲州)御獄山の分霊を勧請したと伝えられています。社殿右側にある嘉永7年(1854)の狛犬は、山岳信仰のシンボルである狼型のもので、下新倉(埼玉県和光市)の石工石田栄蔵によって造られました。
御嶽神社の狛犬
板橋区登録有形民俗文化財(信仰) 昭和62年2月27日登録
 御嶽山は、平安時代に修験道の霊山として蔵王権現が祀られたことに始まります。江戸時代には御嶽神社へ登拝する「御嶽講」が組織され、また御師(おし)と呼ばれる宗教者による武蔵・相模・甲斐への活発な檀家廻りによって、現世利益的な家内安全・五穀豊穣を願う、日常生活に密着した信仰として広がりを見せました。
 その際に配布される神札は「御神狗」と呼ばれ、火災盗難病難退除の御札として知られています。神狗は狼(山犬)のことで、「大口の真神」と尊称され、山の神の眷属(けんぞく)として、あるいは山の神そのものとして神聖視されていました。このため、御嶽神社の狛犬は狼型をしています。登録文化財となっているのは、区内では当社に三対しかない狼型狛犬のうちの、嘉永7年(1854)造の一対で、当時、神社の肝煎(きもいり)をつとめていた宝田氏・木下氏が中心となり安置したものです。(板橋区


☆境内で30年も気功などされている方にお聞きしたところ、近所の子供がこの狛犬に小遣いを隠していたところ、掃除の人が発見して警察に届けられてしまい、盗まれたと思った子供が狛犬を倒して破損させてしまったとか。それから小屋に施錠されて置かれるようになったそうです。
ここは賽銭泥棒が頻繁で、神社と見ては金貸してくれという訪問者もいて、社務所の管理人は怖くなって出て行ったそうです。公園を背にしていたら夜は怖いでしょうねえ。この公園は首吊りも多いようで、神社のうしろでも一度あったらしい。所管社は南常盤台の天祖神社です。

「東京都神社名鑑」によると氏子2500世帯、崇敬者100人。
例大祭9月18日、12月15日大注連縄ない。
また行くべき行事がふえてしまった。

茂呂遺跡(小茂根5-17)
111809 287 111809 290
茂呂山通りを南下して行くと、金網越しの標識がありました。

稲荷神社(小茂根5-14)
111809 303 111809 322
参道の片側が駐車場になっているのですが、余地部分にも駐車されて
いてカオスを呈しております。小茂根稲荷と呼ぶのかしら、不明。

諏訪神社(練馬区氷川台2-3-12)
111809 432 111809 354
城北中央公園の練馬側、少年鑑別所の前にあります。
本殿横に稲荷神社。東伏見稲荷の神符です。

111809 400
本殿の背後に榛名神社・大山神社・御嶽神社の合祀社、大正八年です。

西本村稲荷神社(平和台4-2-16)
111809 526 111809 482
むやみに広い境内にぽつんと木造切妻造りの本殿がある。
中に成田山新勝寺から成田山本村講への表彰状があった。

西本村御嶽神社(平和台4-2-16)
111809 501
稲荷神社の境内社のように見えるが、「東京都神社名鑑」には
境内社の記載はない。
スポンサーサイト

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/11/18(水) 20:43:12|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平河天神 平河天満宮 2009年11月21日(土) | ホーム | 歌舞伎町から抜弁天方面へ 2009年11月15日(日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/221-5899185f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。