POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北沢の大石棒と大日向の妙義山神社 2009年4月23日(木)

北沢の大石棒(長野県南佐久郡佐久穂町)
042309 188 042309 191 042309 182
「佐久町の文化財」(平成3年)の住所表示では高野町字上北沢。
何度も訪れているにもかかわらず、なかなか場所の記憶が定まらない。
今回、案内標識(写真の看板ではない)があることに気がついた。
道路と畦道の二ヶ所。最近設置されたのだろうと思う。

042309 171 042309 177 042309 201
快晴の写真が撮れるうれしさに、ぐるりと回ってしまいました。
考古資料館などに納められなくて本当によかったね。
ちかくの畦の石祠は無数の土筆に囲まれています。

妙義山神社(南佐久郡佐久穂町)
042309 233 042309 415
前掲書によると、佐久町大日向。
佐久甲州街道(141号線)の 海瀬から武州街道(299号線)に入り、
竜興寺先から山裾に向かう。 実は2001年5月にはじめてこの神社 
を訪れ驚嘆して以来の再訪と なります。柱状節理の上に神社があ
るのですが。
(04/25追記)「文化財」のなかでは妙義神社と妙義山神社が統一
されていないのですが、ここでは妙義山神社に従います。


042309 237 042309 241
普通、山の上に神社があってもアプローチに鳥居があるから
所在がわかるわけですが、そもそもこの神社に鳥居はありません。
「佐久町の文化財」で興味を魅かれ、いざ現地に来てみると場所が
一切特定できないという有様。結局親切な養豚場のおじさんにバイク
で案内していただいてたどり着くことが出来たわけです。


042309 407 042309 259
涸れ沢と石垣の間を昇り、ほぼ埋没した橋を渡ると
参道の石段が現れます。

042309 261 042309 270
柱状節理の石段はときに谷側に傾斜していたり、落葉に
埋もれたりと、はなはだ危険です。

042309 281 042309 289

042309 292 042309 297
尾根筋に出るとしばらくは石畳になります。

042309 299 042309 337 
ようやく神社にたどり着きました。石段は321段あるということです。

042309 396 042309 388 
前回、社殿の背後の大木が折れてがけ際の木々に引っかかって
いたのですが、やはり撤去は難しかったと見え、根方で切り落とし
たまま放置されていました。

042309 361 042309 353 
岩山にはいわくありげな亀裂もあり、上に石祠が見えます。

042309 371  042309 232
落葉の堆積でとても滑りやすく、なんとか石祠までは登り
ました。さらに上にも何かありそうなんですが、確保用の
ザイルがないと無事に降りられそうにないので断念しました。

近所で農作業中のお母さんにお聞きしたところでは、
祭礼は秋じゃないかと、ちょっと頼りない。
今では祭りに参加する人数は少数なんだとか。

スポンサーサイト
  1. 2009/04/24(金) 23:20:39|
  2. 郊外散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中本稲荷神社 2009年4月26日(日) | ホーム | 片倉城址と絹の道(八王子) 2009年4月18日(土)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/152-97b5dab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。