POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

永井十二神社祭礼(群馬県利根郡みなかみ町永井) 2009年4月12日(日)

宿の人は直江兼続ゆかりの雲洞庵を勧めてくれましたが、
一時間もかけて行くところではなさそうな。
やっぱりイヌ・コローは行き当たりばったりがいいね。

平標登山口の神社
041209008.jpg 041209013.jpg
二居を出て最初に見かけた鳥居がここ。
石祠には安永八年七月吉日の紀年。
1779年ですかあ。

苗場の神社その一
041209018.jpg 041209023.jpg
フクダヤ商店裏。

苗場の神社その二
041209034.jpg 041209033.jpg
つくし亭としらかばの間を入る。

苗場の神社その三
041209038.jpg 041209039.jpg
焼肉藤きち裏手。

十二神社/妙見神社
041209048.jpg 041209057.jpg
浅貝ゲレンデ入り口。


永井十二神社祭礼
041209096.jpg 041209066.jpg
三国峠を過ぎて群馬県の永井宿に入ると、祭礼の日でした。
祭事はすでに終わっていたようですが、これから獅子舞いが
始まるそうです。国道沿いの神社参道の幟と集落のはずれの
幟は対で押さえておかなければなりません。これ豆知識な。

041209068.jpg 041209074.jpg
辻には浦嶋と亀の万灯が立つ。

041209082.jpg 041209297.jpg

041209104.jpg 041209132.jpg
(04/17/09追記)十二神社は国道をはさんだ山側にあります。
神明鳥居の上に本殿覆屋があり、ささやかな広場になっています。

041209159.jpg 041209143.jpg
子供たちがけっこういて、太鼓を叩いたりお火焚きに枝をくべたりしています。
斜面に石段を築いた三つの石祠。左は不明/秋葉神社/八幡大武神。
その不明の石祠の紀年は文化十一甲戌年九月吉日(1814年)。

041209178.jpg 041209291.jpg
神社の背後に水源池があって、そこの石祠はきちんと祀られていた。
赤飯が直に置かれている。
041209204.jpg 041209222.jpg
11:00 いよいよ獅子が神社を出ます。20軒ほどの家々を門付けします。

041209268.jpg 041209276.jpg
あとでわかったのですが、この和泉屋は24代続く民宿でした。

041209282.jpg 041209319.jpg
手振れ補正とスローシャッターはなかなか相性がいいみたい。
ピーカンでここまでぶらせることができるとはたいしたもんだ。

041209348.jpg 041209368.jpg

041209379.jpg 041209380.jpg
関家の居間でお神楽が始まります。

041209383.jpg 041209384.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/04/13(月) 13:10:47|
  2. 郊外散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<片倉城址と絹の道(八王子) 2009年4月18日(土) | ホーム | 新潟県南魚沼郡湯沢町三国あたり 2009年4月11日(土)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/150-16f5b275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。