POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

王子駅から田端駅 2008年12月21日(日)

122108 003 122108 004
大晦日の王子狐の行列の下見でバス停王子2丁目下車。
装束稲荷神社は幟を立てたり電球を交換したり準備中。

122108 010 122108 015
作業中のお二人との話が長引いてしまいました。ほとんど聞き役でしたが。
広重の「王子装束ゑの木大晦日の狐火」には榎の背後に松が描かれていること。
狩野尚信の元絵は松だったということで、はじめは装束松だったということはわかり
ました。ホームページに書いてあるので見てくださいと言われたのがこれ。
王子の狐物語(狐行列) 正しい王子の歴史のために

122108 050 122108 059
王子稲荷神社までの行列コースを歩いていくと、北とぴあの広場にこんなものが。
作者の北村西望は北区の名誉区民なんだそうな。
王子稲荷神社は幼稚園を併設しており、平日は表参道が閉鎖されている。

122108 082 122108 078
階段上にもゲートがあるので、平日はこのお狐さまにも近寄れない。

122108 074 122108 095
階段わきの市杵島神社。

122108 102 122108 111
永代常夜燈の格狭間に狐の家族。これも松なんだな。

122108 119 122108 134
柿葺きがかなり痛んでいるが、どこまで覆屋でしのげるか。
拝殿の扁額はただ稲荷社とのみ書かれている。

122108 251
12月24日追加。

122108 146 122108 150
本殿には参拝者がいなければ上がることができる。
おお、永平寺以来の格子絵だ。
天井画「鳳凰」東京砂糖王子稲荷奉賛会 関口正男画伯
昭和六十二年四月十三日 御社殿塗装大修繕記念
寄進者名には砂糖業界のほとんどの社名が連なっている。

122108 152 122108 154

122108 155 122108 156

122108 165 122108 186
奥にお穴跡があるというので、まずは本宮とあるお堂。

122108 248
12月24日追加。 
鵬斎 亀田興(1752-1826)の書。この書体は、らしくない。

122108 202 122108 203
三社殿には左から亀山稲荷、嬉野森稲荷、北村稲荷が鎮座。
装束稲荷で聞いたところでは、いま中央工学校の敷地である
亀山(古墳だった)の稲荷を遷座して装束稲荷と改名したとか。

122108 210 122108 216
御石様。稲荷社のようでもあるが。

122108 242 122108 223
階段の上に一坪ほどの床があり、お穴と石祠。

122108 235 122108 270
                      いなり坂。平日はこちらから参詣します。

122108 273 122108 276
王子神社に向かうところ、音無親水公園わきで祠を発見。
北区岸町1-1。

122108 279 122108 285
参道の名残りなのか、燈籠の格狭間にお狐さま。

122108 286 122108 292
階段を登ると都天然記念物「王子神社のイチョウ」が聳え立つ。
王子神社の常夜燈は紀元二千六百年記念です。

122108 310 122108 313
境内社の関神社と毛塚の玉垣は床山組合とかつら屋さんの奉納になる。

122108 339 122108 321

122108 345 122108 350
                       王子神社の本殿。

122108 356 122108 361
音無親水公園を渡り、王子駅のガードをくぐって線路沿いに歩く。

122108 374 122108 373
上中里庚申堂(上中里2-25-4)。

122108 382 122108 388
東田端2丁目の鉄道神社を目当てに来たのだが、操車場のなか、
厳重に柵囲いしてあって、まるでグアンタナモ収容所みたいなところだった。
日曜日だからJR東日本のゲートの守衛もいないし、今回はあきらめた。
最後は東灌森神社。

122108 418 122108 396

122108 404 122108 399
子安観世音があったのでお参りしました。
田端駅へ向かう陸橋に上がったところのメッツ田端でコーヒー飲んで帰還。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/22(月) 21:49:29|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<錦糸町駅から両国駅まで 2008年12月22日(月) | ホーム | 中央区小社めぐり 2008年12月11日(木)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochipress.blog20.fc2.com/tb.php/103-c4571bf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。