POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平井天祖香取神社 本社御神輿渡御 2009年8月30日(日)

*1870カットほどの撮影でしたが、まとめきれないので冒頭だけ
先にアップいたしました。
 つづく


083009 001 083009 006
5時27分到着。JR始発ではこれが限界ですな。
本社神輿はすでに拝殿前に。担ぎ棒が短いのは
鳥居を出られる限界の長さということでしょうが、
担ぎ手の負担(特にしんがり)がきつそうだなあ。

083009 060 083009 075
宮司さまのお祓いと鏡割りがすんで、いよいよ宮出しです。

宮出し
083009 090 083009 119
7時の宮出しです。それでも大きな脚立や一脚カメラマンが
何人か来ていました。

083009 127 083009 174

083009 198
こましん(小松川信用金庫)前で最初の休憩。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/31(月) 19:44:01|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平井天祖香取神社 祭典 2009年8月29日(土)

獅子頭町内巡幸
082909 233 082909 227
祭典のはじまりは10時からですが、8時から獅子頭が出ます。
これが出ないと祭りが始まらないそうで、先触れということでしょうか。
とにかく足が速くて追いつけないほど。朝から全力疾走でした。

082909 246 082909 255
雌獅子(たぶん)を担ぐのは平井5丁目の中学生諸君。
今回はじめての試みだとか。ワショーイと元気があってよろしい。
本当は静かに町内を巡るものかも知れませんが、これでいいのだ。

082909 440 082909 482
獅子頭を左右の押さえとして、拝殿で式次第がおごそかに進行中。
総代さんに集合写真を頼まれ、管理のAさんからは上がって写真とれ
ばいいよと言われましたが、わたしにできることはここまでです。
宮司さまは堀切氷川神社からおいでいただいているそうです。
(今年3月19日に訪れていました。http://pochipress.blog20.fc2.com/blog-entry-139.html

宮出し
082909 524 082909 535
10時30分、宮だしはまず太鼓、子供神輿大。

082909 542 082909 577
子供神輿小に続いて中神輿一番が出御です。
[平井天祖香取神社 祭典 2009年8月29日(土)]の続きを読む
  1. 2009/08/31(月) 15:01:19|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平井天祖香取神社 宵宮 みたま入れ 2009年8月28日(金)

082909 008 082909 047
待ちに待った平井天祖香取神社の大祭、その宵宮から参加しました。


082909 092 082909 102
本社大神輿tと一番八番神輿。

082909 130 082909 132
境内社の香取神社と水神社にも提灯が点りました。

082909 118 082909 146
葛西囃子の奉納が響き、みたま入れの儀式が始まります。

082909 153 082909 169
境内の明かりを落とすとき、感度設定の変更に手間取ってしまう。

082909 175 082909 176

082909 198 073009 269

参考 平井天祖神社と妙見神社 2009年4月10日(金)
  1. 2009/08/28(金) 22:33:24|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

東伏見稲荷神社(西東京市東伏見1-5-38) 2009年8月26日(水)

082609 004 082609 049
あっ、もう保谷市はないのか。田無市と合併して西東京市か。

082609 076



082609 068 082609 073
お塚案内図にはないが、拝殿と現在地の間に祓殿(たぶん)がある。

金鷹社
082609 090 082609 089

権太夫社
082609 115 082609 131

稲荷社
082609 296 082609 294
正殿の中心線に位置するのは石祠のみで、左わきに社殿がある。

太郎稲荷社
082609 142 082609 146

要町稲荷
082609 095 082609 100

三徳社
082609 160 082609 178

末広社
082609 185 082609 187

[東伏見稲荷神社(西東京市東伏見1-5-38) 2009年8月26日(水)]の続きを読む
  1. 2009/08/26(水) 15:18:33|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥澤神社と九品仏浄真寺 2009年8月24日(月)

奥澤神社(世田谷区奥沢5-22-1)
082409 004 
大蛇のお練りの下見なのであったが、すでに鳥居から
古い大蛇は撤去されていました。

082409 558 082409 475
拝殿内には今年鳥居にかけられる大蛇がいます。

奥澤神社
祭神 誉田別命宇賀魂命
世田谷城主吉良氏の家臣、大平氏が奥
沢城を築くにあたり守護神として勧請
したと伝えられる。
例祭の九月十四日・十五日に、江戸中期
より伝えられている「厄除の大蛇」 の特
殊神事が行われ、境内の「八幡小学校
発祥の地」の碑は、かって八幡小学校々
舎があったからである。
社殿は昭和四十五年に完成し、尾州檜
材を用い、室町期の様式を採用したもの
で、都内においても他に類を見ない。
昭和五十四年三月
世田谷区教育委員会(角印)


世田谷区指定無形民俗文化財(民俗芸能)
奥沢神社の大蛇お練り行事
(*伝承地・保持者・指定を略す)
江戸時代の中頃、奥沢の地に疫病が流行して、病に
倒れる者が多かったとき、ある夜この村の名主の夢枕
に八幡大神が現われ 『藁で作った大蛇を村人が担ぎ村
内を巡行させると良い』というお告げがあったという。
早速新藁で大きな蛇を作り村内を巡行させたところ、
たちまちに流行疫病が治ったという言い伝えがあり、
これが厄除の大蛇として鳥居にからまり、大蛇お練り
として現在に伝えられている。蛇の形のものを作って
かつぎ歩く祭りは、全国的にあるが、都内では珍しい
祭りである。蛇の形(水神の意)をかつぎ歩くことによ
って農耕に必要な水の確保や生産の順調なることをを予
祝する行事に他ならない。
 奥沢神社では毎年九月の第一日曜日に氏子が集まり、
大蛇づくりが行われる。これは社殿に安置され、社殿
にあった昨年の大蛇を鳥居にかけられる。そして九月
十四日の大祭に大蛇お練りが行われる。
   昭和六十年三月 (*貼付文書あり)
       世田谷区教育委員会

*九月大祭の日程は変更しています

 九月第二土曜日と翌日曜日の二日間です。
「厄除大蛇」は第二土曜日
午前十時~十二時半町内お練り

082409 016 082409 021
鳥居をくぐって左にある如意輪観音の道しるべ。
右品川ミち/左めぐろミち
ところが裏を見ると出羽三山が、これは?

奥沢弁才天社 / 征清紀念碑
082409 097 082409 068
日清戦争の記念碑は珍しい。

熊野神社(目黒区自由が丘1-24-12)
082409 109 082409 139

082409 199 082409 157

082409 141 

[奥澤神社と九品仏浄真寺 2009年8月24日(月)]の続きを読む
  1. 2009/08/24(月) 16:33:13|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

於満稲荷 中央区日本橋 2009年8月17日(月)

於満稲荷(中央区日本橋3-3-3)
081709 007 081709 008
東京駅八重洲口を出て、八重洲通りの一本北の養珠院通り。
八重洲大飯店といづみやの間にある。

081709 033 081709 021

於満稲荷神社縁起
此の神社の於満とは、徳川家康公の奥御前で養珠院様(於
満の方一五八○~一六五三)といわれています。養珠院様は
二人の男児に恵まれました。徳川御三家紀州家の開祖とな
った徳川頼宣公と、水戸家の開祖徳川頼房公の御生母で
す。また八代将軍徳川吉宗公や徳川光圀公(水戸光圀公
)も子孫に当たります。一六五七年の「明暦の大火」で
江戸城をはじめ、このあたりも記録とともに消失しまし
た。その後復興し、寛文(一六六一~七三)の記録に、この於
満稲荷神社が記されています。言い伝えでは、此の地
に幕府のご休憩所があり、信心深い養珠院様御一行が神
仏寄進のために日本橋界隈に物資調達にお立寄り、商業
に多大な貢献をした養珠院様ゆかりの地として、商人達
によって神社が建てられたとされています。 またそれ
から百年あまり後の寛延(一七四八~五一)には於満稲荷ゆかり
の「於満すし」が江戸中の名物となり、この地の賑わい
が記されています。
以来約三百五十年間、この稲荷神社は関東大震災など
数々の試練を乗り越え、この地の商売繁盛五穀豊穣
の稲荷神社として崇められ信仰され続けています。

平成十七年、中央区により「養珠院通り」となった通り
名の由来にもなりました。

             平成十七年七月吉日
              於満稲荷神社世話人一同
  1. 2009/08/17(月) 18:18:33|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

深川八幡祭り 二の宮神輿渡御 (富岡八幡宮) 2009年8月16日(日)

まだ渡御の最中ですが、消防団の放水さえ撮影できればよかったので、
9時過ぎには永代通りの追いかけをやめて帰ってきました。
(追記)撮影のテンションを維持する限界だったこともあります。
脚立じいさんたちは夕方まで神輿を追うのだろうか、ごくろうさま。

081609 001
富岡八幡宮前、6時18分。

御本社二の宮神輿
081609 014
本祭の翌年は、この二の宮が出御します。
平成9年。16代浅子周慶。屋根延金地塗神輿。台輪4尺5寸。
屋根幅7尺5寸。高さ10尺8寸。2トン。担ぎ棒が6本!

081609 059
伊能忠敬像がなんとなくはまっていたので。

081609 197
7時半宮出し。永代通りを東に向かいます。

081609 310
神輿の写真は苦手ですが、水かけがあるから来たようなもの。

081609 328

081609 335

081609 474

[深川八幡祭り 二の宮神輿渡御 (富岡八幡宮) 2009年8月16日(日)]の続きを読む
  1. 2009/08/16(日) 14:05:07|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

清瀬市 中里富士と下宿ふせぎ 2009年8月15日(土)

9月1日に行われる中里富士・火の花まつりの下見に行きました。

081509 013 081509 020
清瀬市郷土博物館(上清戸2)で清瀬市ガイドマップを購入したのですが、
中里富士が出ていません。祭りの日付けは記されているけど、館内展示
も見当たらない。ひどいもんだ。
もうひとつ、5月3日に行われる「ふせぎ」(塞)の大蛇は展示されています。

081509 026 081509 029

081509 049
柳瀬川通りの柿の下の地蔵。

中里富士・浅間神社(中里3-991)
081509 167 081509 070
しかしこのあたりは本当にパーキングがないのだな。
なんか整骨院がやたらに多くないか?

081509 120 081509 154
せまい、ここで藁の山に点火するのか!手水の水道がちゃんと出る。
石碑の毛彫りの猿はうまく撮れなかった。

氷川神社(中里2-1386)
081509 170 081509 192
大鳥居入ってすぐ左に大口真神御符の社。

上組稲荷神社(中里1-1739)
081509 215 081509 229

稲荷神社(上清戸2-14)
081509 256 081509 269
ここも右の社殿は大口真神。
[清瀬市 中里富士と下宿ふせぎ 2009年8月15日(土)]の続きを読む
  1. 2009/08/15(土) 21:52:03|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芝増上寺と東照宮 2009年8月12日(水)

消えたアマンドと増上寺
081209 001 081209 030
うわあ、びっくりした!アマンドがない。今年の正月、ビルの老朽化で
移転したなんて初耳。向かった先は三縁山広度院増上寺。三解脱門。

081209 038 081209 381
銅行灯と言うべきか、魚河しの奉納はここにもあった。一対。

081209 017 081209 012
水盤舎。もと清揚院殿(三代家光の三男)の御霊屋にあったもの。
波紋の刻まれた桟柱。

阿波丸事件殉難碑 め組碑
081209 049 081209 056 

熊野神社(熊野三所大権現宮)
081209 140 081209 147

081209 129 

西向観音
081209 162 081209 171

徳川家霊廟鋳抜門 四菩薩像
081209 186 081209 193

土木建築殉職者慰霊碑 旧方丈門
081209 204 081209 206

[芝増上寺と東照宮 2009年8月12日(水)]の続きを読む
  1. 2009/08/13(木) 13:46:48|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

王子田楽・王子神社 2009年8月9日(日)

王子神社の例大祭で奉納される王子田楽を見に行きました。
境内に屋台がなく、ボーイスカウトが氷イチゴを100円で売っている。
かれらは王子神社の団扇を見物人に配っていました。
16:30 からの予定だったのですが、はじめポツポツやがて土砂降り。

080909 008 080909 029
結局、拝殿内で奉納されることになりました。

080909 060 080909 079

080909 084 080909 097

080909 123 080909 127

[王子田楽・王子神社 2009年8月9日(日)]の続きを読む
  1. 2009/08/10(月) 00:01:18|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江戸川区鹿骨から谷河内まで 2009年8月1日(土)

鹿見塚神社(江戸川区鹿骨3-1)
080109 026 080109 038
鹿見塚(ししみづか)

この鹿見塚のあるあたりは、昔から鹿骨発祥の地
といわれています。伝説によると、昔戦国時代のころ、
興亡のはげしい世の中を離れ、安住の地を求めて、
石井長勝・牧野一族・田島一族・中代一族および
別系の石井一族が開拓しました。ある日のこと、日
頃尊崇している鹿島大神が常陸(茨城)から大和
(奈良)に向かう途中、大神の杖となっていた神鹿が
急病でたおれたので、塚を築きねんごろに葬った所だ
と伝えられています。
 昭和四十二年八月、氏子中によって「鹿骨発祥
の地・鹿見塚」の碑が建てられいます(原文ママ)。
 台座はコンクリート三段組で高さ九十八センチメー
トル、碑石は高さ八十一センチメートル、幅五十二セン
チメートル、厚さが十三センチメートルあります。
 現在の鹿見塚神社は昭和四十八年に再建築されました。

昭和五十二年十一月   江戸川区教育委員会

鹿島神社(鹿骨4-9-17)
080109 047 080109 063

080109 085 080109 104

080109 116
史跡 鹿島神社
 
明治維新までは五社神明社あるいは五社神
社といわれて、旧鹿骨村の鎮守であった。社
殿は寛文六年(一六六六)に改築せられて円
勝院が別当をつとめた。明治五年十一月に社
格を村社に列せられた古社である。
 これは本村の草分けとなった石井長勝。田
島・中代・牧野・別系石井姓の五氏が入植し
たとき、それぞれの氏神を合祠して建てたも
のと伝えられている。また村の口碑によると、
昔常陸の国鹿島郡の鹿島大神が、大和国奈良
の春日へお移りになる途中、大神のお供をし
ていた神鹿が急病でたおれたので、村人たち
がていねいに葬って祀ったのが鹿見塚で、村
人たちはこれを奇縁として、武甕槌命の分神
と天照大御神ほか三神を勧請して一社を建立
し、鹿島神社と名づけたともいわれている。

平成十九年三月 江戸川区教育委員会

西中稲荷神社(鹿骨5-10)
080109 125 080109 132

新堀日枝神社(新堀1-5)
080109 143 080109 170

080109 181 080109 196

一之江名主屋敷(春江町2-21-20)
080109 214 080109 220
鹿見塚の伝説に見える田島一族の伝統家屋。本家は隣接してお住まいとか。

伏見稲荷神社(屋敷神)
080109 227 080109 266
屋敷神社があるかと思って立ち寄ったわけですが、ありました。
拝殿のうらに本殿があるのを見逃すところでした。
木の鳥居は根太が腐っていますが、拝殿に鳥居建立の記があり、
昭和56年(1981)2月に総額壱拾参萬八阡円で建立されたことが
わかります。

080109 244 080109 275 
本日はどこもかしこもセミの抜け殻だらけです。
もうすこし撮り方をいろいろ工夫したかったので
すが、無数のやぶ蚊に負けました。
庭園の池のほとりの小祠を、管理の方に水神社だと告げたのですが、
よく見ると北条鱗三つ鱗がある。水神ではありますが、弁財天でした。

天祖神社(春江町2-41-10)
080109 291 080109 300 
弥生公園に隣接している。工事が入っているのは神輿庫の奥に
社務所兼集会所を新築するのだろうか。

谷河内日枝神社(谷河内1-15-5)
080109 360 080109 337 
摂社のひとつは水神宮だが、あとは手がかりなし。
  1. 2009/08/02(日) 10:13:51|
  2. 東京散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。