POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平成18年度 冨士総合火力演習 2006年8月26日

二度目の火力演習です。心配された雨にはたたられなかったものの、強烈な高地紫外線で顔は真っ黒に。富士山は見えず。

実は後段演習直後、カメラのメモリー(マイクロドライブ)が壊れ、ほとんど撮影できませんでした。兆候は前日あったのに、動作するからと予備を用意していなかったので、お手上げでした。S3PROは二つのドライブを実装しているのですが、先にXD Picture Cardを使い切ってしまったのは大失態。前段ではお目当ての96マルチのミサイルが不発でこけた。



20060826213640.jpg
20060826213650.jpg20060826213702.jpg

20060826213716.jpg20060826213728.jpg20060826213744.jpg

20060826213815.jpg20060826213830.jpg20060826213841.jpg

20060826213906.jpg20060826213945.jpg

[平成18年度 冨士総合火力演習 2006年8月26日]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/08/26(土) 21:47:43|
  2. ミリタリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フンデルトワッサー展 2006年8月19日

軽井沢メルシャン美術館でフンデルトワッサー展をやっていたが、
無料の建築模型だけ眺めてお茶を濁しました。

ホーエ・ハイン・ドレスデン建築プロジェクト(計画のみ)

20060905234433.jpg



20060905234515.jpg20060905234417.jpg



ウイーン美術館
20060905234445.jpg20060905234501.jpg

  1. 2006/08/19(土) 00:00:00|
  2. 郊外散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小泉首相靖国参拝 2006年8月15日

小雨そぼ降るなか、開門前から靖国神社入りしました。
6時30分ごろNHKの速報で7時35分官邸を出て40分参拝と確認。
拝殿を正面に見るポイントは人払いさせられていたのですが、
ヘリの轟音轟くなか、公用車の到着と共に鈴なりになって、も
はや警備も手が出せない状況で最善の位置を確保し、雨も樹木
にさえぎられ、拝殿入りから退出まで、あまりにも暗い露光と
300㎜望遠の手持ちという条件下、ひとまずなんとか写すという
行為だけは完遂することができました。
(付記・公用車は北門から到着殿に着いた)

8月23日訂正:写真の縦横比を別のカメラの比率でupしてしまい
ました。遅くなりましたが修正いたしました。すまん


20060823192750.jpg

20060823192800.jpg

20060823192810.jpg

20060823192820.jpg

20060823192831.jpg

20060823193137.jpg

20060823193148.jpg

20060823193158.jpg

20060823193210.jpg

20060823193219.jpg

  1. 2006/08/15(火) 09:58:58|
  2. 小泉純一郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

CASIO EXILIM EX-Z1000 大瀬崎 2006年8月5日(土)

CASIO EXILIM EX-Z1000とその純正水中ハウジングを入手したので、
テスト撮影をかねて西伊豆大瀬崎で潜ってきました。
むかしは高級一眼レフを高額なハウジングに入れて、ストロボを二灯
用いることが水中写真だと思っていて、実際そうせざるを得ない道理
というのもあったわけですが、銀塩からデジタルへの移行が水中写真
では乗り遅れ、それというのも新たにシステムを構築するにあたって、
最上位機種ということがまず念頭に浮かび、銀塩時代よりはるかに高額
となることに手が届きかねていたというのが実情でした。
7月末に座間味ツアーをしたときも、結局銀塩のニコノスRSは持参せず、
潜りつつも無聊をかこつありさまだったのですが、小型デジカメといえど撮影結果をその場でレビューできるという機能は変わらないわけで、
ある意味これは大変なことかもしれないと考えを変える契機になったわけです。そこで視野に入ってきたのがEXILIM EX-Z1000で、10.1MEGA PIXELS という煽りには弱いのですよ。煽りじゃないか。



ose0805060261.jpg ose0805060441.jpgose08050605611.jpg


アオリイカの卵が砂地に産みつけられていた。ちょっと遅いんじゃないか、と思う。湾内のやや砂泥の底質とか生物の付着した廃棄物の質感などはコダクロームと遜色ないのではという印象を受ける。


ose0805061061.jpgose0805061121.jpg


ウツボとミノカサゴ。これしきの距離でもストロボの絶対光量は自然光による色カブリを排除することはできない。
カサゴのアップは鱗の質感といい、立派なものだ。四隅の収差も想定内といっていいだろう。


ose0805061781.jpgose0805061981.jpg


以下は夜潜りの撮影。フトミゾエビの目は正面からはこんな風に見えるのか。この種のカメラの真髄は夜間撮影にあることを痛感した。
イセエビが砂地をのこのこと歩いて来る。思わず捕まえてみると、卵を抱えているのだった。離しても飛び去ることなく、他のダイバーの明かりが近くまで来ていたので、捕まったりしないように追いたてようとしたら、逆に向かって来てわたしの手首から上を羽交い絞めにしようとする。イセエビに襲われるとは思いもしなかったので、かなりあせりました。

ose0805062041.jpg


これだけ卵を抱えていれば、すばやく逃げることは出来なかろう。
しかしこのアングルで撮影することは大型ハウジングではほぼ不可能といえる。


ose0805062111.jpgose0805062251.jpg


マトウダイの若魚。ガンガゼ。


ose0806060341.jpgose0806060351.jpgose0806060361.jpg


ホシノエソのたぶんつがい。アカエソとよく似ているが、鰓蓋上部の黒班で区別できる。


ose0806060721.jpgose0806060881.jpg


オオシロアナゴ、だったと思う。撮影始めるとすぐ砂に潜る。


ose0806061071.jpg


ミナミホタテウミヘビ。これは若魚だが、長くてなかなか全体を撮影出来ない。目にピン甘だが、チャンス優先だ。

ose08070600921.jpg


陸の写真も一つ。スカンジナビア号と富士山を望む。EV-0.3無限遠モード。昔の小型デジカメだとまず遠景の富士山は写らない。

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/07(月) 20:23:30|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。