POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

富士総合火力演習(教育演習) 2011年8月27日(土)

演習の前に震災犠牲者への黙祷がありました。
のちに動画からキャプして追加します。


01式軽対戦車誘導弾
082711 319
軽装甲機動車LAVより発射。 通称ラヴ

84mm無反動砲(84RR)
082711 345

06式小銃てき弾
082711 369

87式自走高射機関砲
082711 418

CH-47Jチヌーク
082711 553
高機動車が出てきた。

92式地雷原処理車
082711 577
有線誘導のミサイルで、広範囲に爆薬を投下して地雷を誘発させる。

082711 578

082711 579
ワイヤーがこのように見えます。

082711 582

082711 596
[富士総合火力演習(教育演習) 2011年8月27日(土)]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/08/29(月) 20:46:13|
  2. ミリタリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総合火力演習予行 2010年8月26日(木)

きちんと写真を選んでいる時間がありません。
今回も挨拶程度です。のちほど。

082610 552

ヒトマル式戦車(ドーザーブレード付試作3号車)
082610 729
  1. 2010/08/27(金) 22:13:15|
  2. ミリタリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成18年度 冨士総合火力演習 2006年8月26日

二度目の火力演習です。心配された雨にはたたられなかったものの、強烈な高地紫外線で顔は真っ黒に。富士山は見えず。

実は後段演習直後、カメラのメモリー(マイクロドライブ)が壊れ、ほとんど撮影できませんでした。兆候は前日あったのに、動作するからと予備を用意していなかったので、お手上げでした。S3PROは二つのドライブを実装しているのですが、先にXD Picture Cardを使い切ってしまったのは大失態。前段ではお目当ての96マルチのミサイルが不発でこけた。



20060826213640.jpg
20060826213650.jpg20060826213702.jpg

20060826213716.jpg20060826213728.jpg20060826213744.jpg

20060826213815.jpg20060826213830.jpg20060826213841.jpg

20060826213906.jpg20060826213945.jpg

[平成18年度 冨士総合火力演習 2006年8月26日]の続きを読む
  1. 2006/08/26(土) 21:47:43|
  2. ミリタリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

航空観閲式 ブルーインパルス(参考)

1052.jpg


小泉首相の撮影が主目的だったのだが、ブルーインパルスも魅力的でした。ピント甘々なんですが招待券調達の某氏の要請黙し難く、参考までにご笑覧。マニュアル撮影しか考えられない被写体ではあるけれど、デジカメの限界かなと自分を慰めてみたりする。最高級機は知らず、レリーズのタイムラグのために合焦の瞬間がシャッターチャンスでなくなるという、旧銀塩派には悪夢のような話なのですねこれが。


1053.jpg1054.jpg1055.jpg



1056.jpg1057.jpg1058.jpg



1059.jpg1060.jpg1061.jpg



1062.jpg1063.jpg1064.jpg



1065.jpg1066.jpg1067.jpg


  1. 2005/11/01(火) 19:23:56|
  2. ミリタリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成17年度 富士総合火力演習

20050827062708
富士総合火力演習だ

帰宅後追加(なんで携帯から大きいサイズの写真が投稿できないのだろう)
1871.jpg4951.jpg4961.jpg4971.jpg

快晴なれど富士山見えず。なぜか国旗掲揚国歌斉唱がなかった。
74式90式のFire!どうやっても撮影できず。秒8コマとはいかないのだFinePix S3Pro。本番は10:20からなんだが早朝から試技が続き、忙しい。
その画像の仕上がりを見て、本番は露出もフォーカスもマニュアルにしました。もともとデジタルは銀塩の露出アルゴリズムでリバーサルの撮影をするようなものだと考えていましたが、今回のような撮影ではオートの露出補正という手段も無意味なのだと痛感しました。試し撮りで基準露出を固定化し、前後に絞りを動かしながら被写体の露出を詰めていく、結局はこれ以上に確実なものはないのですな。むしろ、ただちに画像確認ができるデジタルが究極のマニュアルを実現させたと言うべきなんでしょう。(以下の文は28日16:00追加)左の89式装甲戦闘車は唯一Fire!の瞬間を捉えることができたものですが、前後のカットよりブレが目立っています。でも当然これが決定稿です。瞬間は画質に優先する。たとえレリーズのタイムラグが我慢できないほどであっても、シャッターが下りなければ写真は撮れない。完全にピンが来ていなくてもシャッターは押せなければならない。

28日17:53追加


0611.jpg1801.jpg0281.jpg
3831.jpg
4071.jpg1091.jpg5351.jpg5572.jpg

[平成17年度 富士総合火力演習]の続きを読む
  1. 2005/08/29(月) 08:02:58|
  2. ミリタリー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。