POCHIPRESS PHOTO+

見たものの記憶。見るものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小泉首相靖国参拝 2006年8月15日

小雨そぼ降るなか、開門前から靖国神社入りしました。
6時30分ごろNHKの速報で7時35分官邸を出て40分参拝と確認。
拝殿を正面に見るポイントは人払いさせられていたのですが、
ヘリの轟音轟くなか、公用車の到着と共に鈴なりになって、も
はや警備も手が出せない状況で最善の位置を確保し、雨も樹木
にさえぎられ、拝殿入りから退出まで、あまりにも暗い露光と
300㎜望遠の手持ちという条件下、ひとまずなんとか写すという
行為だけは完遂することができました。
(付記・公用車は北門から到着殿に着いた)

8月23日訂正:写真の縦横比を別のカメラの比率でupしてしまい
ました。遅くなりましたが修正いたしました。すまん


20060823192750.jpg

20060823192800.jpg

20060823192810.jpg

20060823192820.jpg

20060823192831.jpg

20060823193137.jpg

20060823193148.jpg

20060823193158.jpg

20060823193210.jpg

20060823193219.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/08/15(火) 09:58:58|
  2. 小泉純一郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

百里基地より

20051030083904
航空観閲式であります。
曇天澱むが如くなれども観閲官たる小泉純一郎首相の来駕に士気愈々昂るを覚ゆ。その相貌に滾るは権力の深奥か。憤怒の相阿修羅の相。
いずれ計り難きことにこそ。


20051030215122.jpghyakuri1631.jpghyakuri1871.jpg

hyakuri3331.jpghyakuri3361.jpghyakuri3371.jpg

hyakuri3391.jpghyakuri34411.jpghyakuri27111.jpg


hyakuri7901.jpg

  1. 2005/10/30(日) 08:39:04|
  2. 小泉純一郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衆院選挙雑感

その立場々々で衆愚政治とか終わりの始まりとか言いたい気持ちはわかるんだけど、表現においてはこれが俳諧の趣で味わい深かった。
民意と歴史の変動の指標としての小泉政権というわたしのテーマのひとつが圧倒的に継続することは喜ばしいことだと思ってはいるのですが、二大政党制の崩壊を望んでいたわけでもありません。それにしても民主党はとんまとしか言いようがなかったのだが。野党第一党として、いついかなる時でも選挙への臨戦態勢がとれるほどの覚悟がなかったことは、政権担当能力を疑わせるに十分なものでした。
それにしても、小選挙区比例代表並立制は小沢一郎が作ったようなもので、当時反対派の急先鋒だった小泉純一郎がその制度を極限まで知悉して小沢の野望を打ち砕いたのはなんとも皮肉なことではあります。
あのころの政局はいまだによく把握できない、と言うか把握する気力もないのでここを参照のこと。
http://politics.j.u-tokyo.ac.jp/lab/edu/seminar/study/2nd-semi/1kan/sugawara.html

(以下09/13 18:25追加)
小沢一郎がその場限りの策士だとすれば、小泉純一郎を何と呼ぶべきか。衆院否決解散をあらかじめもくろんでいたという読みも出ているが、それは考えすぎだと思う。すなおに通過させることが第一の選択肢であって、起死回生の最適者戦略をあえて仕込む意味などない。
否決されたら解散になるというメッセージはすでに発せられていた。
この宣戦布告が殲滅戦をも辞さない覚悟であることは、道路公団民営化の攻防戦でなぜ首相が総力戦にいたらなかったのかを考えればわかることであった。



東京10区徹底検証~百合子降臨で興起玉砕
http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20050913


(09/15 03:50追加)
なべさんコメントありがと。これからは米国かぶれの人間をバリバリ食いそうな女が大暴れするのでしょうが、これもご時勢です。任期一年の独裁政権というのは史上初でしょうかねえ。人喰い女Bによれば、自衛隊は災害派遣のためにあるのではないそうです。軍靴の足音がもうそこまで迫っています。愚民の愚民による愚民のための・・・いやもう遅すぎる、何を言っても。ハイエナ・ファンドの襲来。弱者は佃煮となり、強者は羽毛の夢を見る。
アジアの友人たちに顔向けもできません。恥ずかしく、辛い。こんな国

おっと、反小泉のブログばかり見ていたのでインスパイアされてしまいました(嘘)。

わたしはとにかく男子の本懐を遂げた小泉首相を祝福します。
夢の実現には根源的な共感を感じざるを得ないのです。

郵政法案はきっと欠陥を抱えているんでしょう。もっと正しい方法があったかも知れない。でも成立は今こここの場でしかありえなかった。
好むと好まざるとに関わらず、世界は収奪の場であり、またこれからもあり続けるでしょう。強い競争力で世界に一定の地歩を維持し続けることは、弱者ですら世界の強者であるということです。国家百年の計というのはそういうことではないでしょうか。

(09/17 00:02 )
前原誠治だめだあ。小泉首相をペテン師だって(テレビ朝日等)。
この大事な時期に、またとんまが党首かよ。
河村たかし、推薦人やっと15人なのか(報道ステーション)。
  1. 2005/09/12(月) 23:47:57|
  2. 小泉純一郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

小泉純一郎街頭演説会@中野サンプラザ前

0421.jpg


小泉首相の演説会を見に行きました。主催者発表では一万人と言っていましたが、まあ確かにそれに近い人出ではあります。四年越しの大河ドラマのクライマックスを明日にひかえて、心ゆくまで歴史上の人物(すでに確定)を撮影することができました。

なお、背景のウインドウはスターバックスの二階です。


1141.jpg1251.jpg1451.jpg

1471.jpg1591.jpg1761.jpg

1851.jpg1881.jpg2011.jpg

2111.jpg2411.jpg

  1. 2005/09/10(土) 18:58:05|
  2. 小泉純一郎
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2

プロフィール

Pochi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。